Services

患者様の不満は待ち時間の長さや見えない時間の不安から生じます。『まちみる』は医療現場の分かりづらい待ち時間の可視化をお手伝い致します。患者様はモニターや携帯で順番の確認が出来れば「今、何番?」「あと何分?」の質問はなくなります。施設外から携帯で順番閲覧を活用頂ければ「3密対策」に有効です。まちみるは普段の作業の中でお客様(医療機関様、調剤薬局様)の業務時間もデータ化を致します。このデータは業務見直しにもお役立ち致します。

調剤薬局運用イメージ


操作が簡単

「受付」(発券)を押して「呼出」を押せば運用が行えます。パソコンが苦手な方でもすぐご利用が可能です。

導入費が安価

専用機器はプリンターのみ。所有PC、タブレットでもご利用が開始できます。

月額費用:¥5,000(税別)

PR機能

ニターやスマホへ簡単に情報配信(画像配信)が行えます。お客様の考えや思いを伝えるのにも有効な機能です。


本部管理機能

薬局本部様など複数店舗混雑データの閲覧機能がございます。最適な人材配置のご参考にご利用下さい。

専用アプリは不要

患者様は発券紙のQRよりお客様専用順番画面へ誘導致します。アプリのインストールや個人情報も頂きません。

複数人同時操作

同一料金内で1IDを複数人で利用が出来ます。役割や建物構造に合わせて柔軟な運用設計が可能となります。



Episode

開発チームの1人が口コミを見て思います。評価★1「待ち時間が長い」「対応が悪い」。

患者を第一に考えるお客様なのに、なぜ評判が悪いのか…違和感を感じます。お客様の誤解を解消出来ないかと強く想います。

 

調査により医療機関・調剤薬局における患者様のご不満は「待ち時間」に関する事が大半であるとわかりました。「トイレに立てない」「外出してよいの?」「あと何人、あと何分」「待合室で感染しそう」他にも様々な不満を感じています。医療機関や薬局側も待ち時間緩和のために様々な努力をされています。ただ多くの場合、ITサービスの活用などには進んでいません。なぜサービスの導入に至らないのか?『待ち時間』に関わるサービス、特に順番管理システムに関し調査を進めました。市場にある既存システムは高額で高機能。機能が多く操作も複雑。業界外サービスだと安価だが機能と運用がずれる。お客様の求めるサービスと市場サービスに大きな乖離を感じます。

 

気軽に導入でき患者様やスタッフ様が簡単に使えるサービスでなければお客様や患者様のお役に立てない。

医療現場に寄り添った優しく新しいサービス。そんなコンセプトで『まちみる』は開発をされました。

 

 

令和2年3月にサービスリリース。医療現場の「待ち時間の可視化」に加え「3密対策」として評価を頂き多くのお客様へ導入が進んでおります。今後もお客様のご意見に耳を傾け、お客様の★が1つでも増えるサービスとなるよう努力して参ります 。

 

 

シンリョウ 開発チーム一同


ロゴマークに込めた想い

交わるグリーン(医療機関・薬局)とスカイブルー(患者)の十字は日本の医療現場を。2者の間には共有する時間を表す砂時計が浮かび上がります。まちみるは日本の医療の待ち時間を可視化し業務効率と患者様満足の向上をご支援して参ります。